スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばあちゃん、病院で祝福

入院中の義母が、祝福を受けました。

たまたま主人が仕事が休みになった日に
タイミング良く、教会長さんの都合がついたので
病室に来ていただきました。

義母は、初対面の教会長さんを見るなり泣き出しました。
喜んでいるようでした。
霊的に感じるものが、あったんでしょうね。

四人部屋なので、まずカーテンを引いて・・。
嚥下障害で、聖酒が飲めずに口につけてやるだけでしたが。
そして、お祈りしていただいて、DVDを見も見ました。

看護師さんが、点滴を換えに来たり、おしっこを採りに来たり
そのたびさっと中断。

無事に終わり、「ありがと、ありがと」と良く発音できないにもかかわらず
お礼を言ってました。

み言は、わからなくてもあの世が近いお年よりは、
敏感に祝福のありがたさが、わかるんですね。

主人も一安心していました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。