ひとり平等に●万円(⌒∇⌒)

ベーシックインカム

先日、テレビ番組でホリエモンさんが、ベーシックインカムの提案をしていた。
私は、政治経済に疎いので、全然知らなかったのだけど、
説明を聞いていて、理想社会っぽいと思ってしまった。
ベーシックインカムは、以下の通り。


ベーシックインカム - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ベーシックインカム
ベーシックインカム(basic income)とは最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を無条件で定期的に支給するという構想。


フィンランドでは、今年一人11万円で、支給を検討しているとか。
計算上では、日本では一人8万円なら、いけるらしい。

これ、家庭連合もやってくれないかなあ?
公職者も、一般シックも、二世も一人●万円。

ホリエモンさんは、最低限度の収入があれば、生活の心配があって新しい仕事に
挑戦できなかった人が挑戦出来たり・・とか希望的な発言をしていた。

家庭連合だって、みんな平等にいくらかの収入があれば、
伝道したい婦人は、伝道に専念できるし、お金がなくて大学進学をあきらめた二世は、
進学できる。
不登校の二世は、学費の高い通信制の高校へ行ける。
お父さんが、掛け持ちバイトしなくてもいいとか・・。
70過ぎても働かなくてもいいとか・・(´;ω;`)ウッ…
早く借金を終わらせて身軽になるとか・・。

公職者が、お金のありがたみをわかるとか・・。
公職者が働きに出て、お金を稼ぐ厳しさを知るとか・・。

兄弟姉妹感が増して、本心を言いやすくなるとか・・。
いろいろメリットはあると思います。

ただ、ベーシックインカムを導入すると、その他の公的な保証はなくなるそうなので、
厚生年金などたくさんもらっている人は、反対するとかで。

ということは、家庭連合でも無理か。
スポンサーサイト