すべてはビデオに撮られている!!

最近「内引き」というのが流行っているらしい。
店員が、自分の店の売り上げや商品を盗むのだ。

テレビで見たが、信頼していた店員にレジのお金を
盗まれた経営者夫人が泣いていた。
「まさか、信じられない、あの人が・・」と。
見ているこちらにもこみ上げるものがある。

実は、私たちの行動は、目に見えないビデオのようなものに撮られていて
あの世に行ったら、それが上映されるという。

今まで、良心に恥じる行動をしたら、
霊界でそれを見られたとき、恥ずかしいと思っていたが
この経営者夫人の涙を見て、みにくい行動を見せられる人も
苦しいのだと気がついた。

いつも見られている私たち。
いつも記録されている私たち。

見る人を悲しませる映像を残さないように・・。




スポンサーサイト

意外と難しいホームページビルダー

たのまれてホームページを作りました。
テンプレート使用だから、さっと出来たのはいいけど・・。

グーグルマップを入れると文字化け・・。
マップ削除しても文字化けのまま・・。

解決方法を検索しながら、何とかHTMLをいじって元通りに。

全体的に前に使っていたホームページ忍者のほうが
使いやすかったような。
古いからテンプレートは、垢抜けないけど。

時間があれば、もっと研究したいけど、仕事が忙しくてね。

作ったのは四日市にある「四つ葉教育センター」という
学習センターのサイトです。

マイケルの鼻がない!・・美しい死に顔

マイケルジャクソンのご遺体に鼻がなかったとテレビで言っていました・・。
お手伝いさんが、マイケルが付け鼻をしているのを見たとか・・。

小さいころ、父親に虐待され、大きな鼻をけなされたらしいのです。
コンプレックスにより度重なる整形をした・・。

人を傷つけるってなんて罪なんでしょう。

映画「おくりびと」は有名ですが、死に化粧をする職業の方がいます。

事故や焼身自殺などで生前の姿をとどめないご遺体の場合は
遺族の目に耐えられるように修復するらしいのですが。

それは、化粧というより特殊メイクの世界かもしれません。

自分の亡骸のことなんて普段考えませんが
残された家族に、美しい死に顔を残すのは最後の家族孝行ですよね。

「神に捧げた愛と生命と」という本では、銃殺されたにもかかわらず
死に顔が笑っていた、という方の話が載っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。